ロシア留学シンゴ日記

ロシアの大学に通いながらロシアのことを 伝えていきます

カウチサーフィン の良さ

みなさんこんにちは毎日 毎日 飯を食べても食べてもお腹が空くシンゴです。

 

f:id:shingoroad:20190125232209j:image

 

みなさんこのアプリを知っていますか?

 

カウチサーフィンというアプリです。

 

このアプリは、簡単に言うと、このアプリに登録している一般のお家に泊まることができるという最強アプリです。なんと無料で泊まることができます!

 

 

いわば、ちょー短期間のホームステイのようなものです。

 

先日    正月明けからロストフに3泊4日のヒッチハイク旅行をした時にこのカウチサーフィンを使わしていただきました。

 

初心者の僕でも簡単にホステスさんを見つけることができたので、みなさんも簡単に見つけることができると思います。

 

 

今回は僕のカウチサーフィンの実際に使ってみた感想を写真とともに見ていきましょう。

 

f:id:shingoroad:20190126043013j:image

今回僕を3泊も泊まらせてくれた夫婦が

こちらのポリーナ、セルゲイ夫婦です。

 

 

f:id:shingoroad:20190126091608j:image

 

ラブラブでした。 4日間 一緒にいましたが めちゃくちゃキスしてましたもん。 唐突にキスしだしますから!

 

喧嘩もめちゃくちゃしてました。僕がいることとかお構いなく 口喧嘩してましたね。

 

ロシア人の夫婦はみんなこんな感じなのでしょうか。 他の夫婦の生活もぜひみたいですね。

 

 

ですが彼らは本当に良い人たちでした。

 

僕が彼らの家に着いたのは1月2日の夕方の6時ごろです。 するとすぐにポリーナがご飯を出してくれました。

f:id:shingoroad:20190126092229j:image

•サラダ

•ハンバーグみたいなもの

•キノコとジャガイモのソテーみたいなやつ

 

 

めちゃくちゃうまかったです。

 

そのあと3人で軽く雑談をした後、レストランに行くことになりました。

 

夫のセルゲイはレストランを経営してるみたいでそのレストランに行くことになりました。

 

f:id:shingoroad:20190126092425j:image

 

めちゃくちゃ美味しいお肉をご馳走してくれました。

f:id:shingoroad:20190126092659j:image

レストランのマネージャーさんも一緒にみんなでワイワイ会話しながら食べました。

 

その後、レストランにビリヤードがあり、

みんなでワイワイ楽しくやりました。

f:id:shingoroad:20190126092622j:image

 

 

1日目はこうして終わりました。

 

 

2日目はロストフの街を案内してくれることになりました。

 

まずその前に朝食を頂きました。

f:id:shingoroad:20190126093015j:image

 

スープとパンでした。

 

 

朝食を食べてから街の中心部に行き 観光しました。

f:id:shingoroad:20190126092929j:image

 

f:id:shingoroad:20190126093410j:image

ロストフは小さい街ですが 綺麗な街でした。ワールドカップの開催地になるだけのことはあります。

 

 

その後 お家に帰り ロシアのお菓子を作ってくれました。

 

美味しく頂きました。

f:id:shingoroad:20190126093337j:image

 

さらにその後にボルシチを一緒に作りました。作り方を教えてくれました。

 

f:id:shingoroad:20190126093653j:image

からの

f:id:shingoroad:20190126093712j:image

それで

f:id:shingoroad:20190126093800j:image

バーン

 

めちゃくちゃ美味しかったです。

 

ロシアの家庭ではパンと一緒にボルシチを食べるみたいです。

 

 

その後にデザートのケーキを作ってくれました。

f:id:shingoroad:20190126093951j:image

 

本当に至りにつくせり です。

 

どんだけご馳走してくれるんですかね!

 

半端ないです。

 

そして2日目が終わり

 

 

3日目はお昼頃から1人で街を散策しました。

 

もちろん

 

街を案内しようか?

 

と言われましたが 1人でいろんなところに行きたかったので

 

1人で行くことにしました。

f:id:shingoroad:20190126094551j:image

 

夕方まで街を散策してから

 

夜にまたセルゲイが経営している レストランにみんなで行きました


f:id:shingoroad:20190126094711j:image

ハンバーガーをご馳走してもらいました。

 

そしてまたビリヤードをやりながら楽しい時間を過ごしました。

 

 

そして4日目の朝に バイバイしました。

f:id:shingoroad:20190126094900j:image

 

•カウチサーフィンをした感想

 

無料で泊まるところを提供してもらっているので、楽しい時間を一緒に過ごすことが ホステスさんへのお礼になると思います。

 

今回は泊まるところだけでなく それ以上に食事までご馳走してくれました。

 

本当に感謝しかないです。

 

 

もしみなさんがカウチサーフィンを使うとしたら一つだけアドバイスをしておきます。

 

それは

 

•遠慮しないこと

 

ホステスさん側は、おもてなしをしてくれてるわけで、泊まる側の人はゲストです。 そのおもてなしを存分に受けましょう。 あまり “いいえ 大丈夫です”

 

などの断りの言葉は使わない方が良いと思います。

 

僕は作ってくれた料理などは全ておかわりしました。

 

服も洗濯してもらいました。

 

 

その代わりに洗い物など洗ったりしました。

 

帰るときもベットの布団などをしっかり畳みました。

 

彼らがまた 他のゲストを呼びたいと思ってくれるように そのようなことをしました。

 

また日本人という看板も背負っているのでそれを汚さないよう 日本人はよい人たちと思ってくれるよう 楽しい時間を与えるよう努力しました。

 

ホステスさんを笑顔にさせることを心がけましょう。

 

 

僕はカウチサーフィンはこれからも使っていこうと思います。こんな便利なツールはないと思います。無料で泊まることができ、さらには現地の人と交流ができる! 一石二鳥ですね。