ロシア留学シンゴ日記

ロシアの大学に通いながらロシアのことを 伝えていきます

ロシアで日本料理レストラン に行ってきた!寿司食べた!

みーんなさんこんにちは 2018年をほぼロシアで過ごした男 シンゴです。

 

先日2018年の年納めということで クラスノダールにいる私を含めた日本人学生3名と先生1人で日本食レストランに日本食を食べに行ってきました。

 

その日本食レストランはロシア語で

 

Тануки (タヌキ)というお店です。

f:id:shingoroad:20190101012449j:image

このお店はチェーン店でロシアのモスクワに非常にたくさんあります。

 

クラスノダールには1店舗しかありません。

 

ウラジオストクには1店舗もありませんでした。

 

僕が通っている大学から歩いて10分くらいのところにあります。

 

ですが今まであまり行く機会がなく今回初めて行きました。

 

中に入ってみると 和風というような感じなのですが、少し中国感もありました。

f:id:shingoroad:20190101012834j:image

 

階段なんてほぼ中国のようでした。

でもすんごい綺麗でした。

 

f:id:shingoroad:20190101012926j:image

 

座席は日本のチェーン店の居酒屋のような雰囲気があり 本当に日本なのか!と思ってしまうくらいでした。

 

f:id:shingoroad:20190101013037j:image

 

お客さんは少なく空席が目立っていました。

混むことはあまりなさそうです。

さらに席数がとても多かったです。

 

ロシア人からしたらお高いレストランなのかと思います。

 

 

でもその分、店員さんの態度も素晴らしく

居心地が良かったです。

 

そして僕たちはやはり寿司を頼みました。

f:id:shingoroad:20190101013531j:image

 

これがロシアの寿司なのです。

 

寿司というよりロールですよね。てか寿司ではないと思います。 でもおいしかったです。

 

あと見栄えがとても綺麗です。

 

これは 10種類のロールが入ってる盛り合わせなのですが、味はどれも似ていました。

 

ほとんどどのロールにもマヨネーズが入っていました。 マヨネーズがほかの具材の味を押し込めてる感じでした。

 

 

この盛り合わせは、約50巻のロールがのっており これで日本円で約10000円くらいです。

 

ちょっと高いですよね。

 

しかも 食材もほとんど原価が安いものをばっかり使っているのでお店の儲けはものすごくでかいと思います。

 

 

ほかのメニューを見たんですが、このтануки には、あまり完璧な日本料理と言えるものはなく、ロシア人の口に合うようにアレンジされている感じでした。

 

 

ラーメンもありませんでした。

 

僕がラーメンを食えるのは日本に帰ってからということになりました。

 

 

ウラジオストクには、ラーメン屋も日本人がオーナーの完璧な日本料理レストランもありました。

 

 

モスクワには丸亀製麺があるそうです。

 

みなさんもぜひロシアで日本料理レストランに行って 料理がどういう味なのか判断してみてください。