ロシア留学シンゴ日記

ロシアの大学に通いながらロシアのことを 伝えていきます

ロシア語って 難しい?

みなさんこんにちはプロのバカ シンゴです。

f:id:shingoroad:20181001172102j:image

やっとロシアから テルキ1級(ロシア語検定試験)の合格書がきました

 

ロシア語検定1級をとればロシアの大学に入学することができるようになります。

 

人生で生まれてこのかた1度も検定などを取ったことがなかったので、やっと検定証を取ることができました。

 

しかも英検とか漢検とかでなくロシア語検定という。

 

以前からも 言っていましたが 私はロシアに行ってからロシア語を始めたので

約10カ月 ほどかかりました。

 

ロシア語には 女性格 男性格 という謎の文法っていうのか分かりませんがそんなのがあります。

 

例えば 名詞では 男性名詞 女性名詞などがあります。動詞にもあります。

 

話す人が女性であれば動詞は女性の形にしなければなりませんし 男性の場合なら男性の形の動詞にしなければなりません。

例えば 動詞の過去形なら

 

Читать (読む)(read)(チターチ)という動詞があります。 ですが過去形の場合 男性と女性で

形が変わってきます。

男性が場合 читал (読んだ)という形で

女性の場合 читала(読んだ)という形になります。

 

自分が男性で 他人になになにを読みましたと言う時は читалと言います。

 

自分が女性の場合はчиталаです。

 

また 疑問文などで相手に

 

なになにを読んだ?と質問する時も

相手が女性なら читала 

男性なら читал という感じになります。

 

これがロシア語の女性格と男性格です。

イメージはなんとなくわかりましたか?

 

さらに動詞は 一人称 二人称 三人称でさらに変化します。

 

Читать の場合

一人称

читаю(チターユ)(読む)

 主語が私の時 

 

читаем(チターイェム)(読む)

主語が、私たちの時 we

 

二人称

читаешь (チターイェシュ)(読む)

主語が君の時 

 

Читаете (チターイチェ)(読む)

主語が あなた、 あなたたちの時

 

三人称

читает(チターイェト)(読む)

主語が 彼 彼女の時 He She

 

читают(チターユト)(読む)

主語が 彼らの時 They

 

こんな感じでさらに別れます。日本語には無いことなので最初は訳がわかりませんでしたが徐々に慣れてきました。

 

英語よりも難しいかもしれませんね。

 

ロシア語は名詞 動詞 形容詞がこのように全て変化します。

 

最初は手こずると思いますが、積み重ねていけばパターン化して 分かるようになってきます僕がそうだったので。

 

これに加えてロシアは発音がめちゃくちゃ重要です 発音で何度もロシア人に笑われたのを覚えています。

 

アクセントも非常に大事です 単語でアクセントの位置が違うだけで 全く通じません。アクセントも完璧にしなければなりません。

 

 

 

と この記事を読んでロシア語が難しく

思っていると思いますが、

 

そんなことありません。 

 

なぜなら僕が ロシア語検定を取ることができたらからです。

 

僕はバカです。バカでもとれたんです。

 

高校時代は偏差値55くらいの高校で 

テストはいつもビリで 赤点をとって 学校に親を呼び出されたことがある僕でもとれたんです。

 

なのでみなさんもできます。

僕は次はロシア語検定二級を目指して頑張ります。