ロシアの大学行っていいか?

ロシアの大学に入学をします

わたくしシンゴについて (現在クラスノダールに留学中)

f:id:shingoroad:20180909153259j:image

みなさんこんにちはシンゴです。

 

僕は今は20歳です。 もし私が普通の学生ならいまごろ大学2年生でしょう。

 

だが僕は違う。職業欄に書くとすると 僕はいまフリーターと書いた方がいいかもしれません。😝

 

まぁでも本当のところは去年の9月から今年の8月までロシアの言語学校に通っていました。

 

現在はロシアのクラスノダールという都市に また語学留学をしています。来年にロシアの大学に入学することを目標に!

 

クラスノダールはヨーロッパ側の南に位置しております。

f:id:shingoroad:20181218081744p:image

 

まぁなぜロシアに行った方というと自分はもちろん日本の大学受験をしました。

ですが受けた大学全て落ちました!まぁバカなんですよ🤯受けた大学はG MARCH  模試はいつも全部E判定でしたね笑笑  まぁ勉強大っ嫌いでした。高校の時も赤点もとり親の呼び出しもありましたから笑笑  

 

そして浪人という選択肢は僕にはありませんでした。 そしたら家族が海外の大学を進めてきました。(強引)(強制)😭

 

まぁ自分は日本の大学に行っても留学はしたかったので まぁ 結果オーライだなと思い 承諾しました。(承諾する以外の答えはさせてくれなかった)😅

 

なぜロシア? 僕が住んでいたところはウラジオストクという都市で 日本から飛行機で2時間ととても近く 学費も安い

 

しかも僕が海外で初めて生活するので 何かあったときに家族がすぐに飛んでこれるよう日本からも近いウラジオストクになりました。

 

まぁでもそんなこんなで1年間ほどロシアに住み 自分でも少し成長した感じがありますね。いろんな経験をしたんですよ。楽しいことも つらいことも それをこのブログに書いていこうと思っています。

 

みなさんも一緒に頑張りましょーーー

 

このクラスノダールという謎に満ちた都市を徹底解析していきます。

 

 

 

引用

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/クラスノダール

クラスノダールにきて3ヶ月が経ちました

みなさんこんにちは シンゴです!

 

f:id:shingoroad:20190218044449j:image

今日は 唯一の休日 日曜日だったのでロシア人の友達と散歩してきました。

 

なぜかわからんけど ロシア人はめっちゃ散歩好き!

 

この写真はクバン川と夕日です!

 

日本では今 受験シーズン そしてそろそろ 結果発表の時ですね!

 

 

僕は ロシアの大学の入学試験が6月にあります。 それに向かって今は勉強しています。

 

 

クラスノダールにきて 3ヶ月が経ちました。

 

まだ3ヶ月しか経っていないのか!

 

というくらい濃い3ヶ月でした。時間が経つのがめちゃくちゃ遅く感じます。

 

友達もたくさんできました。

 

現在は ロシア語の授業に加えて ロシアの歴史、社会学、文学、地理を勉強しています。

 

僕がロシア語を勉強してから 約1年と1ヶ月が経ちました!

 

本当にロシア語は、難しいです。

 

ロシア人によく

 

「何年ロシア語 勉強したの?」

 

と聞かれ!

 

「1年です」

 

と答えると、みんな驚きます!

 

嬉しいですが このままではダメです。

 

ウラジオストクにいた時よりは、多少 ロシア語は成長したかもしれませんがまだまだ 満足できるレベルではありません。

 

現在は学校が休みの日が日曜日しかなくて 

 

日曜日も基本 ロシア人に日本語を教えるということもしています。

 

平日にもロシア人に日本語を教えています。

 

 

そのため限られた時間でロシア語を勉強するしかありません。

 

ただただ忙しいです!

 

日本で稼いできたお金も減る一方なんですが、全く親からの援助がありません。

 

メールで親に

「少しお金を送っていただきたいのですが?」

 

と連絡したのですが

「なんとかしろ!」

 

という とんでもない6文字が返ってきました。 ダメだコミニュケーションがとれん

 

 

 

さらに朗報です!

 

現在よく兄と連絡を取り合うのですがまさかの

 

兄が

「お前がロシアの大学に入学した時に学費はお父さんとお母さん払わないってよ」

 

は???

 

まてまて 意味わからん 意味わからん!

 

 私には家族はいるのでしょうか??

 

そして家族とはなんなんでしょうか?

 

そして最後に兄から

 

「だから なんとか がんばれ👍」

 

 

いやど〜う頑張るん?????

 

銀行強盗でもしなきゃダメなん??

 

海外ではバイトできないんだよ!ビザ的に! 僕の家族このこと知ってる??

 

捕まっちゃうよ 俺!

 

 

たしかに日本では学費を自分で払って大学に通っている素晴らしい学生もいると思いますが 海外はキツくないですか?

 

 

ロシアの大学の学費は調べたところ

 

約4年間で 100万円くらいです。

 

安いですね!日本に比べると!

 

でも100万は大金ですよね。

 

 

これをどうにかして得ないと僕がロシアの大学の入学試験に受かっても 入学できないという ことになります。

 

 

それだけはなんとかしても回避したい。

 

 

だがこれを回避できる方法がなんと、あります!

 

それが 奨学金です!

 

 

奨学金には返さなくてもよい 奨学金があります。

 

 

これしかない!

 

 

僕は今この最大の難問に打ち勝ってみせます。

 

 

 

 

言語の学び方 ! (シンゴ流)

みなさんこんにちは クラスノダール生活ももうすぐで、半分を経過する予定のシンゴです!

f:id:shingoroad:20190212062714j:image

 

今回は 少しまじめに 僕が思う 言語の勉強の仕方を書いていこうと思います。

 

 

とは言っても高校時代に3年間 ほぼ最下位でしかも、大学受験全落ちした人間なので、これが効率が良い勉強なのかどうか 分かりません。

 

ですがそんな僕でも なんとか今 ロシア語でロシア人と完璧ではないですが会話ができるようなっています。

 

 

言語を学ぶ上で何個かポイントがあると思うのでそれを書いていきます。

 

 

① 明確な目標を立てる!

 

これは大事です。 この明確な目標というのは、言語能力試験や大学入学試験

のようなものが良いと思います。

 

外人と会話できるようになりたい。

外人の彼女、彼氏が欲しいとか 友達が欲しいとかでも良いんですが。

 

正直、筆記テストに受かるなどのような目標の方が モチベーションがずっとたもたれると思います。

 

 

 

②コミニュケーションを自分からとりにいく!

 

僕は、この方法のおかげでロシア語がかなり伸びたとおもいます。

 

やっぱり現地の人たちとコミニュケーションを取ることで 授業などでは教えてくれない会話表現などを知ることができるのです。

 

学校の授業で ロシア語を学び それを 実際に使ってコミニュケーションをとる!

この繰り返しがかなり効果的だと思います。

 

あともう一つ大事なのが 自分から積極的に行動することです。待っていては、ダメです。

 

 

自分から声をかける。自分から誘う。

 

自分がやれることはどんどんやった方が

日本に帰った時に後悔しないと思います。

 

 

③自分に勝つこと!

 

語学といっても勉強は勉強です!

やればやるだけ伸びるし 継続しなければ伸びません。 最後は自分がどこまでやれるのか? やるのか! が大事です。

 

 

  他にも大切なことはたくさんありますが

どんなバカでも、誰でもこれならできます! 頭の良さとかではないと思います。

 

これを証明するには僕が今年の夏にロシアの大学に入学しなければなりません。

 

入学試験があります! その入学試験に向けて今はロシア語を勉強しています。

 

 

このやり方が効果的などうかは今年の夏にみなさんわかるでしょう!

 

 

 

 

 

ロシアで1ヶ月 1万円 生活マジでできる説

みなさんこんにちは 週6 授業があり休みの日もロシア人にロシア語を教えているシンゴです。

 

 

今回は自分がロシアで1ヶ月にどのくらい生活費が かかるのか書いていきます。

 

 

海外で留学する上で 1番 必要な物はやはりお金です。

 

なぜなら 就労ビザがなければ 海外でバイトをすることはとても難しいからです。

 

そのためほとんどの人が日本で稼いで貯めたお金を使ったり、あるいは奨学金を日本からもらっているなどしています。

 

 

海外でお金が増えるということは、ほぼないに等しいですね!

 

どんどん減る一方ですね。

 

 

そのため 工夫して生活する ことが必要になってきます。

 

現在 ロシアに留学している僕も 日本でバイトして 稼いだお金を使って生活していますが、さほど稼げなかったので

節約をしています。

 

ですがロシアは非常に物価が安いため

かなり節約することができます。

 

生活費といっても、ほとんどが食費に使われますよね。 やはり食費をどれだけ工夫して節約するかで お金をあまり使わずに生活することが可能になります。

 

 

実際に僕の生活とともにロシアでの生活費を見ていきましょう!

 

 

まずは水!です!

 

f:id:shingoroad:20190209211158j:image

 

これはロシアのスーパーで売っている1番安い水でしょう!

 

5.5リットルで 日本円で約70円くらいです。

 

激安! 水は1番大事ですよね!

この水を小さいペットボトルに入れて 学校に持っていったりしています。

 

次は米です。

 

f:id:shingoroad:20190209211602j:image

 

やはり日本人にとって米は命です。

 

ロシアには米があるのです。

 

しかもこの米はクバン米という クラスノダール地方で採れた米です。

 

1キロ 日本円で約60円くらいです。

 

もちろん日本のコシヒカリあきたこまち に比べると品質は下がりますが 美味しいです。

 

ほぼ毎日食べています。 主食です。

 

そして

水や米に匹敵するくらい大事だと思うのがトイレットペーパーです。

f:id:shingoroad:20190209211944j:image

 

4個入りで 日本円で 100円くらいです。

 

だいたいこれで1週間は持ちます!

 

 

この3つが 頻繁に買うものです。

 

正直 この3つさえあれば 生きる という

条件はクリアできます。

 

最強の節約が出来ますよ!

 

ただこれだけで生きていくとなると精神的に生きることができないです。

 

僕も 一時期 食事は米のみ の生活をしましたが 栄養が足りなくて 24時間イライラしたりカリカリしました。

全然 勉強に集中することができませんでした。

 

栄養がどれだけ大事なのかということを教えてくれました。

 

でも安心してください!

 

ロシアは他にも安いものがたくさんあります。

 

 

野菜!

 

ロシアは野菜が非常に安いです。

 

ジャガイモが1キロで50円

 

玉ねぎも1キロで50円

 

キャベツも1玉で 60円 

 

と想像を超えてきます。

これで米にあう おかずを作れば栄養も取れることができ 美味しい食卓になります。

 

鳥肉も1キロで300円くらいなので 肉も食べることができます。

 

 

食費はかなり節約することができます。

 

 

あとロシアは 携帯代も安い!

 

僕は現在 月に約900円 で通信制限なし(インターネットし放題)の

サービスを使っています。

 

これはマジで激安! 大迫より半端ないと思います!

 

 

では今までのを1ヶ月の単位で計算すると 

 

水 5.5リットル×10個 =700円

 

米 1キロ×20個 =1400円

 

トイレットペーパー 1パック×5個=500円

 

野菜 =1000円

 

携帯代=900円

 

月にかかる費用 合計4500円

 

僕は一回の 食事で米を二合食べます。なので他の人なら米は月にこれほどかからないと思います。

 

ここまで節約できます。本気出せば!

僕は あとはたまにレストランに行ったり 酒行ったりします。

 

シャンプーや調味料は 3ヶ月に一回くらい買います。

 

全てしっかり計算しながらやれば

1ヶ月 10000円に抑えることは十分に可能です。

 

なので僕はやはり ロシアに留学することをオススメします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウチサーフィン の良さ

みなさんこんにちは毎日 毎日 飯を食べても食べてもお腹が空くシンゴです。

 

f:id:shingoroad:20190125232209j:image

 

みなさんこのアプリを知っていますか?

 

カウチサーフィンというアプリです。

 

このアプリは、簡単に言うと、このアプリに登録している一般のお家に泊まることができるという最強アプリです。なんと無料で泊まることができます!

 

 

いわば、ちょー短期間のホームステイのようなものです。

 

先日    正月明けからロストフに3泊4日のヒッチハイク旅行をした時にこのカウチサーフィンを使わしていただきました。

 

初心者の僕でも簡単にホステスさんを見つけることができたので、みなさんも簡単に見つけることができると思います。

 

 

今回は僕のカウチサーフィンの実際に使ってみた感想を写真とともに見ていきましょう。

 

f:id:shingoroad:20190126043013j:image

今回僕を3泊も泊まらせてくれた夫婦が

こちらのポリーナ、セルゲイ夫婦です。

 

 

f:id:shingoroad:20190126091608j:image

 

ラブラブでした。 4日間 一緒にいましたが めちゃくちゃキスしてましたもん。 唐突にキスしだしますから!

 

喧嘩もめちゃくちゃしてました。僕がいることとかお構いなく 口喧嘩してましたね。

 

ロシア人の夫婦はみんなこんな感じなのでしょうか。 他の夫婦の生活もぜひみたいですね。

 

 

ですが彼らは本当に良い人たちでした。

 

僕が彼らの家に着いたのは1月2日の夕方の6時ごろです。 するとすぐにポリーナがご飯を出してくれました。

f:id:shingoroad:20190126092229j:image

•サラダ

•ハンバーグみたいなもの

•キノコとジャガイモのソテーみたいなやつ

 

 

めちゃくちゃうまかったです。

 

そのあと3人で軽く雑談をした後、レストランに行くことになりました。

 

夫のセルゲイはレストランを経営してるみたいでそのレストランに行くことになりました。

 

f:id:shingoroad:20190126092425j:image

 

めちゃくちゃ美味しいお肉をご馳走してくれました。

f:id:shingoroad:20190126092659j:image

レストランのマネージャーさんも一緒にみんなでワイワイ会話しながら食べました。

 

その後、レストランにビリヤードがあり、

みんなでワイワイ楽しくやりました。

f:id:shingoroad:20190126092622j:image

 

 

1日目はこうして終わりました。

 

 

2日目はロストフの街を案内してくれることになりました。

 

まずその前に朝食を頂きました。

f:id:shingoroad:20190126093015j:image

 

スープとパンでした。

 

 

朝食を食べてから街の中心部に行き 観光しました。

f:id:shingoroad:20190126092929j:image

 

f:id:shingoroad:20190126093410j:image

ロストフは小さい街ですが 綺麗な街でした。ワールドカップの開催地になるだけのことはあります。

 

 

その後 お家に帰り ロシアのお菓子を作ってくれました。

 

美味しく頂きました。

f:id:shingoroad:20190126093337j:image

 

さらにその後にボルシチを一緒に作りました。作り方を教えてくれました。

 

f:id:shingoroad:20190126093653j:image

からの

f:id:shingoroad:20190126093712j:image

それで

f:id:shingoroad:20190126093800j:image

バーン

 

めちゃくちゃ美味しかったです。

 

ロシアの家庭ではパンと一緒にボルシチを食べるみたいです。

 

 

その後にデザートのケーキを作ってくれました。

f:id:shingoroad:20190126093951j:image

 

本当に至りにつくせり です。

 

どんだけご馳走してくれるんですかね!

 

半端ないです。

 

そして2日目が終わり

 

 

3日目はお昼頃から1人で街を散策しました。

 

もちろん

 

街を案内しようか?

 

と言われましたが 1人でいろんなところに行きたかったので

 

1人で行くことにしました。

f:id:shingoroad:20190126094551j:image

 

夕方まで街を散策してから

 

夜にまたセルゲイが経営している レストランにみんなで行きました


f:id:shingoroad:20190126094711j:image

ハンバーガーをご馳走してもらいました。

 

そしてまたビリヤードをやりながら楽しい時間を過ごしました。

 

 

そして4日目の朝に バイバイしました。

f:id:shingoroad:20190126094900j:image

 

•カウチサーフィンをした感想

 

無料で泊まるところを提供してもらっているので、楽しい時間を一緒に過ごすことが ホステスさんへのお礼になると思います。

 

今回は泊まるところだけでなく それ以上に食事までご馳走してくれました。

 

本当に感謝しかないです。

 

 

もしみなさんがカウチサーフィンを使うとしたら一つだけアドバイスをしておきます。

 

それは

 

•遠慮しないこと

 

ホステスさん側は、おもてなしをしてくれてるわけで、泊まる側の人はゲストです。 そのおもてなしを存分に受けましょう。 あまり “いいえ 大丈夫です”

 

などの断りの言葉は使わない方が良いと思います。

 

僕は作ってくれた料理などは全ておかわりしました。

 

服も洗濯してもらいました。

 

 

その代わりに洗い物など洗ったりしました。

 

帰るときもベットの布団などをしっかり畳みました。

 

彼らがまた 他のゲストを呼びたいと思ってくれるように そのようなことをしました。

 

また日本人という看板も背負っているのでそれを汚さないよう 日本人はよい人たちと思ってくれるよう 楽しい時間を与えるよう努力しました。

 

ホステスさんを笑顔にさせることを心がけましょう。

 

 

僕はカウチサーフィンはこれからも使っていこうと思います。こんな便利なツールはないと思います。無料で泊まることができ、さらには現地の人と交流ができる! 一石二鳥ですね。

 

 

 

 

 

 

 

ロシアで始めてのヒッチハイク! ロシアでヒッチハイクは難しい?

みなさんこんにちは 全ての物事を前向きに捉え、ネガティブにならない男、シンゴです。

 

f:id:shingoroad:20190125071808j:image

 

年明けの1月2日から~1月5日まで クラスノダールから300キロ離れてる隣街 ロストフまで ヒッチハイク旅行をしました。

 

 

なぜロストフまでヒッチハイク旅行をしたのかというと、

 

暇で暇で暇すぎたからです。そしてヒッチハイクならお金もかからないのでお財布にも優しいのです!

 

しかもヒッチハイクは、昔からずっとやりたいと思っていました。

 

旅行する前に親にヒッチハイクすると言ったら。

 

うん 死ぬ 死ぬ 死ぬ!  だからやめなさい。 危ないよ! 

 

と大反対されました。

 

 

ですが、親は日本にいます。僕を止めることは誰にもできません。

 

 

ロシア人の友達や、先生にも危険だよと言われました。

 

そう言われるたびに

 

みんな応援してくれてるんだなと思い、ますますやる気が上がりました。

 

 

そして1月2日の朝 9時に起きる予定が寝坊してしまい お昼頃に寮を飛び出しました。

 

そして広い道の脇で 上の写真のダンボールを片手にヒッチハイクを開始しました。

 

 

車を探すこと15分後 車が僕の目の前に止まりました。

 

 

そして運転手が

 

ロストフまでは、行けないけど途中までならいける。

 

と言ってくれたので 乗りました。

 

お昼の12時過ぎくらいにクラスノダールを出発!

 

ヒッチハイク成功!とても嬉しかったです。

 

こんなにあっさりいくとは思いもしませんでした。

 

 

f:id:shingoroad:20190125074313j:image

(乗せてくれたジェーニャさん)

 

車の中ではロシア語で会話を楽しみました。

 

そして途中の高速道路のガソリンスタンドで降ろしてもらいました。

 

そしてすぐにまた道の横に立って グーサイン👍 開始しました。

 

クラスノダールまで戻れる距離ではないところまできてしまい 近くに家もない。

これは確実に乗せてくれる車を見つけないと死んでしまうと思いました。

 

でもさすがに今度は時間がかかるなと思いました。

 

しかし開始から3分 また僕の目の前に車が一台止まりました。

 

 

そしたらなんとロストフまで連れて行ってくれるとのこと!

 

奇跡起きたと思いました。 

f:id:shingoroad:20190125075013j:image

しかも女性の人たち!

 

これは安全!

 

さらになんと

f:id:shingoroad:20190125075105j:image

途中サービスエリアで お昼ご飯をご馳走してくれました。

 

マジで泣きそうになりましたね。

 

こんなアジア人のトンチンカンバカにここまで優しくしてくれるとは思いもしませんでした。

 

そして無事ロストフまで到着!

f:id:shingoroad:20190125075318j:image

旅の目的地に到着! 

 

夕方の6時くらいにロストフに着きました。日が落ちる前について一安心でした。

 

そこからカウチサーフィンでみつけた家まで行くのですが やはりここもヒッチハイクで行こうと思い!

 

道の横でまたヒッチハイクを開始しました。

 

 

五分後 車が目の前に止まりまたすんなりと目的地の家まで到着しました。

f:id:shingoroad:20190125082204j:image

ロシアはヒッチハイクの聖地かもしれません。

 

 

そして1月5日 ロストフを満喫して クラスノダールに帰る日です。 その日は、

ヒッチハイクを午後3時から開始しました。

 

これはヤバイ!

 

急いで見つけなければ!

 

そう思い道の横でグーサインをし始めました。

 

しかし1時間経っても車が止まりません!

 

辺りがだんだん暗くなり、

 

死んだわーー って思っていたら

 

 

やっと車が止まりました。

 

 

ですがその車に乗っていた人たちは、明らかにロシア人ではなく、中東系の人たちでした。なになにスタンのどっかの国だと思います。

 

 

ロシア語もあまり話せなくて ジェスチャーでなんとか 自分がクラスノダールに行きたいと主張しました。

 

正直めちゃくちゃ怖かったです。しかも3人乗っていて みんな怖い顔してました。

 

ですがすでに辺りは暗く、僕に拒否をする選択肢はありませんでした。一か八かこいつらに掛けてみました。

 

クラスノダールの途中まで乗せてくれることになりました。

 

 

だが車に乗って10分くらい経過したところで 1人が僕にお金を要求してきました。

 

僕は今まで乗ってきた全ての車の運転手に 

 

お金は持ってないけど大丈夫??

 

と聞いて、 承諾を得てから乗りました。

 

もちろんこのなになにスタン人の車に乗る前にも ちゃんと

 

お金持ってないけど大丈夫?

 

と言って 承諾を得てから乗りました。

 

 

ですが乗ったら金を要求されました。

 

必死にお金ないと 何度も言いました。

 

ですが相手もしぶとく 結局降りる時に

緊急時に使う予定のお金(日本円で1000円ほど)を渡しました。

 

 

さすがに3VS1 では勝てないし 言語もうまく通じない! 問題が起こる前にお金で解決しました。

 

そのあとは すぐに別の車を見つけクラスノダールまで無事に到着しました。

f:id:shingoroad:20190125082135j:image

 

•ロシアでヒッチハイクした感想!

 

ロシアでは非常に簡単にヒッチハイクができると言っていいでしょう。 比較的車を待つ時間が本当に少ない!

 

ただロシア語が少しできた方がいいかもですね。 少なくとも英語は絶対できなきゃダメですね。

 

ロシア人以外が運転してる車ににはあまり乗らない方がいいです。

 

特に中東系の人たちは非常に危険だと思います。

 

ちゃんと人を選ぶことをオススメします。

 

さらに乗る前に無料かどうか聞いた方がいいですね。

 

今回僕は6台の車に乗りました。そのうち5台の車 (中東系 以外の車)は無料でした。

 

グーサイン👍もロシアでは通じます。

 

ぜひみなさんもロシアでヒッチハイクをしてみてください。 驚きですよ!

 

次回はカウチサーフィンについて書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

W杯 日本の決戦の地 ロストフ! ロシアの隠れ観光スポットに行ってきた。

みなさんこんにちはロシアで平和に暮らしているシンゴです。

f:id:shingoroad:20190119194435j:image

 

新年明けに クラスノダールからロストフまで小旅行をしましたので、今回は、ロストフについて書いて行こうと思います。

 

みなさんロストフという街を知っていますか?

 

ロストフとは、ワールドカップで日本とベルギーが戦ったスタジアムがある街です。

 

僕が留学しているクラスノダールからは、約300キロ離れています。

 

モスクワからは、1000キロくらい離れています。

f:id:shingoroad:20190119195442p:image

(赤いところがロストフ)

まぁでもクラスノダールの隣街です。

 

隣街なのに300キロも離れています。

 

さすが世界一 広い国ロシア!

 

 

f:id:shingoroad:20190119195001j:image

 

ロストフに行って街を見て最初に思ったことは、この街は建物が綺麗でした。

 

f:id:shingoroad:20190119195211j:image

なんの建物かは分かりませんがとても綺麗です。

 

 

f:id:shingoroad:20190119195824j:image

 

ちょっと外れた小さい道でも 建物がかわいいです。

 

f:id:shingoroad:20190119200040j:image

 

歩道も広く、アスファルトも汚くなくないです。

 

f:id:shingoroad:20190119200214j:image

 

クラスノダールでこんな道は見たことがありません。

 

そして夜になるとイルミネーションがついてまた一段と綺麗になります。

 

f:id:shingoroad:20190119200417j:image

 

これは感動しました。みなさんから見たら普通かもしれませんが、なぜか僕は感動してしまいました。

 

 

f:id:shingoroad:20190119200823j:image

 

ちょうど雪が降っていてイルミネーションとグッドマッチングしていました。

 

f:id:shingoroad:20190119201013j:image

風情がありますね〜

 

うん風情は、ない シンプルに綺麗!

 

f:id:shingoroad:20190119201233j:image

 

日本料理レストランもありました。

 

OSAKA. というお店らしいです。

 

クラスノダールにはこのお店はありません。

 

建物は全然日本感を感じることができないですよね。 おもしろいですね。

 

f:id:shingoroad:20190119201605j:image

 

ロストフには、クレムリンもあります。

 

クレムリンとは宮殿のようなものです。

 

残念ながら中は修理中で入ることはできませんでした。

 

f:id:shingoroad:20190119203402j:image

こちらはロストフを流れているドン川です。

 

f:id:shingoroad:20190119203745j:image

この奥にあるのが日本とベルギーが戦ったロストフアリーナです。

 

 

まとめ

 

ロストフはロシアの南部にある都市で 気候も冬でもモスクワやサンクトペテルブルクよりもはるかに暖かいです。 日本の東京と変わらないくらいでしょう。 

 

さらに建物はとても綺麗でヨーロッパ感を感じることができ、アジア人や観光客もいない隠れスポットだと思います。

 

住んでいる人々も優しいし治安もモスクワよりも安全です。

 

モスクワからの飛行機の便もあります。

 

ロストフ内でも、地下鉄はありませんが、路面電車やバスなどがたくさん走っていますので 交通の便も悪くないです。

 

ここは本当に観光客も来ない隠れ観光スポットだと思います。

 

みなさんもぜひ行ってみてはいかがですか?

 

僕は今 ロストフという街が好きになってしまい ロストフの大学に入学しようか非常に迷っています。

 

 

 

 

 

 

(https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ロストフ・ナ・ドヌ)マップの写真引用